しつけが面倒になります

子どもたちにどのような仕事をさせているでしょうか家庭では

娘からしても、どんな男が頼もしいのかを知る物差しが心の中に形成されない。私の父は、日雇いの肉体労働者で、学もなければ収入も大したこと無かった。だから、私が中学生くらいになって世の中のことが分かり始めたときには、軽蔑するようになっていた。(その軽蔑は私も大人になって社会のことをより深く知る中で、再び尊敬に変わっていったしかし、世の中のことを知らない幼い子どもにとっては、学があるとか収入なんかは関係がない。自分に対してどれだけ圧倒的な存在であるかが重要なのだ。

幼児の心になって


幼児の情緒が伝わってくることが極めて大切ですこれを

>幼児の思いやりを養うことは自分の前では弱点をさらすことなく、完璧にすら思えてくる存在として父親がいる。そんな家庭では秩序が乱れることはない。息子は父親を目指して成長し、娘は男を見る目を養い、それに見合った女性になろうとするだろう。まさに私の父がそう言う存在だった。鼻歌を歌いながら犬小屋を作り、屋根の修理をしてしまう。


育てるという壮大なプロジェクトにおいては

子どもたちには

幼児が知っている人でも90ドルのワインに満足度を感じた人は、その価格や希少性に対してつまり、心の満足を満たす為にお金を支払っているのです。損とか得と言う物は、比較する事で損や得と感じているのです。「心の満足」を感じている訳です。私の大学時代、サントリーオールドは2800円で、当時としては結構高級品のイメージがありました。それが今では1500円前後ですが味は変わりません。幼児たちから奪わないでくださいビックリ中身という本質は変わっていないのに、値段はだけは変わっています。しかし、中身は変わっていないのに、昔ほどの高級感は感じません。しかし、その味が好きで飲んでいるのであれば高級感には意味は無く、好きだから飲んでいるだけです。値段を評価の基準にしていれば評価は変動しますが、中身と言う本質を基準にしていれば評価は変わりません。ミシュランガイドに代表される評価本やランキングに影響を受ける人を、別の見方をすると「判断を依存」している人と言えるのです。


幼児に教えるべきは約束を守りなさい!ではなく

そして、自分たちの誤りを反省して次の世代に正しいことを伝えていくことは、次の世代の人々にとって、何物にも代えがたい貴重な資産になるのではないでしょうか。それではこれから、わかりやすく実例を挙げながら、お話をしていきましょう。赤ちゃんを、母親が抱いて育てることが大切か?「抱きぐせをつけるな」ということがよく言われます。この言葉を知らない人は今や日本中にいないと言ってもよいほどです。でも実はこの間違った考え方が、今の日本の子どもや青年たちにたくさんの不幸をもたらしていることに、気がついている人は少ないようです。

しつけママということばがある

奥さまの話を聞いて欲しいんですね幼児が今夜泣きをするのは孤独感にかられるから夜泣きと言って、赤ちゃんが夜になると泣き出して、それが止まらなくて困ることがあります。よく抱いて育てられている赤ちゃんには、夜泣きが起こりません。このことから、母親とのスキンシップが少ないと、赤ちゃんは夜になると不安になって泣くのだということが推測されますこんなことがありました。夜泣きの治療法として、ユニークと言えばあまりにもユニークなことをする小児科の医師が、中国地方にいました。それは赤ちゃんを、板にひもでぐるぐる巻きにしばりつけるというやり方なのです。