子どもたちだって放っておいてもそのうち取っ組み合い自体は勝手にやめるのだろうと思うのですが人間の

教育は厳しかったと言われ

子どもが視界に入らないところに避難して
その感覚で授業を聞いていれば、「来週から授業でコンパスを使うからもってくるように!」に、「何をするんだろう」と少しは楽しみに思うはずです。と言われた時そうなったら、決してコンパスを忘れるなどということはありません勉強なので、人によってはドラマのようにわくわくできないかもしれません。次回の内容を考えていると、少しはわくわくするはずです。響してきます。その感覚があるかないかは、これから成績が伸びるかどうかに大きく影「あきらめている」子どもへの接し方子どもがテストの答えを間違えたり、わからなかったりした時、ぼくたちは「なんで間違えたのかなう一回落ち着いてやってみようか」と言います。その時、すぐにやろうとすればいいのですが、「うーん」渋ったり、「だってわからないもん」「どうせできないもん」と否定的な言葉が出る子がいますと反抗期の場合もありますが、要があります。

幼児の男性は
「あきらめている」という状態だとしたら少していねいにつきあってあげる必こういう時は「やってみて」ではなく、「ゆっくり考えたらわかるかもしれないよ。一緒にやってみようか」と一緒に問題を解いてみます。「ぐずぐず言わずにやりなさい!」「そんなこと言ってるからできないんだよ」などと突き放すと、一気にやる気をなくしてしまいます子どもには「わからない」「どうせできないと投げやりなようでいて、「かまってほしい「大丈夫だと言ってほしい」という気持ちがあります。そんな気持ちに寄り添ってやると、荒れていた心も少し落ち着くよ眠たがるのは現実逃避?子どもが寝てばかりというのは、その子の毎日に「期待感」がないからだと思います。子どもって、遠足や修学旅行の前日はなかなか眠れませんよね。

幼児といるわけではないので

この自己主張と自己抑制をバランス良く学習する為に必要な「触媒となる経験」が有るのですが、お分かりになりますでしょうか?それはお互いに「嫌な思いをする」事なのです自分の順番なのに横で泣き叫ばれたら楽しくありませんし、横で泣き叫ばれたら自分が悪者にでもなった様な嫌な気持ちになります。泣き叫んだ子は、再び三輪車を独占出来るかもしれませんが、一緒に遊んでくれる友達をなくします。すると一人で遊んでいても楽しくなく相手にされずに寂しくなります。お互いに嫌な思いを経験しながら、一緒に楽しく遊べる方法を模索して「自己主張」と「自己抑制」が身に付けて行くのです。時には殴り合いの喧嘩も有るでしょう。

子どもに問題が生じ早期人類の進化の過程で言えば、農耕での土地の奪い合い、つまり原始的な戦争の時期です。大人は子供が争ったり仲違いしているのを見ると「仲良くしなさい」と仲裁してしまいます。しかし、争う事も子供の成長にとっては必要なプロセスなのです。さて、社会性の基礎である「協力と分け合い」、その元になっているのが「交代の概念」ですが、その交代のベースが何処にあるのかお気付きでしょうか?それは最初の母親とのコミュニケーションの、表情と声のキャッチボールなのです。それはそのまま会話の基礎である、言葉のキャッチボールになって行き、交代の概念へと発展して行くのです。

幼児たちを放置しておいてはいけないということで

そこで、自分の欲望をおさえる力を少しずつ育てることが必要ですしかし、自発性の発達について述べたところではっきりと指摘したように、子どもの探索行動、すなわち「いたずら」を禁止して「おとなしい」子どもにすると、自発性の発達はとまってしまいます。そこで、「いたずら」は大幅に認める必要があるのです。では、どのような面で、欲望をおさえる力を育てたらよいでしょうか。それは第一に、物質的·金銭的な面です。物質的·金銭的な欲望は、大人でさえも上限がありません。

育てにとってはとても必要なことなのです

いくらでもスライドする可能性があります。ここに、お金には魔性がある-といわれる理由があるのです。この魔性は、子どもの適応能力にとっては恐ろしいものですそこで、まず、食べ物について、欲望をおさえ、秩序に従うことができるように育てることが必要です。生後十カ月ころになると、食事の準備ができるまで「待っててね!」と言うと、短時間であれば、泣かずに待つていることができるようになります。そして、1歳半になれば、三度の食事と二回のおやつの時間を守ることができるようになります。

      しつけのためなら何でもすると親たちは言う
      子どもをはげましましょう
      子どもの情操が豊かかどうかについても検討してみる必要があります