子どもと同じ班の

子どもが人を理解するのは

小さい頃から本をたくさん読む刺激を繰り返し与えられていると、本を読むとき、最初の頃は脳の全体を活性化して、視覚から入ってきた文字情報を処理して理解に導いています。次第に小さなスポットだけを活性化することで、効率よく内容を把握できるようになります。読書の習慣が身についた人の脳の機能を測ってみると、読書の習慣がない人よりも、あたかも活性は低いかのように見えてしまいます。「省エネモード」脳育てが順序よく進めば、9~11歳頃には完成しています。私の研究室で大学生を「読書の習慣がある人(週3日以上は必ず読書をする)」「読書の習慣がない人」の二つのグループに分け、哲学書を読んでいるときの前頭葉の活性を測定しました。

  • 幼児が退屈しないよう具体的な行動予定を行く前に話してデパートやショッピングモールは
  • 幼児たちのいたずらや冒険を歓迎し
  • 脳がしっかりできた幼児なら

あなたの考える育児って

読書の習慣がある人ではほとんど活性は見られず、自律神経もリラックスモードだったのに対し、習慣がない人では大きく不規則に活性化が見られ、自律神経は緊張状態であることがわかりま読書の習慣がない人たちがさらに「読書嫌い」になってしまうのも無理はありません。そこで、これらの大学生に「毎日必ず15分以上本を読むこと」を義務付け、4カ月間訓練してみました。530文字→570文字)、内容の理解度も上がり、緊張はやや下がりました。読書習慣のない大学生たちも、読むスピードがぐんと上がり(平均1分間あたりこのことか614日読書の刺激を与えることは、大人になっても効果があることがわかりました。でも、もともと読書の習慣がある大学生の読書スピードは、さい頃からの読書の習慣は大切だ、ということです。大阪でも子どもが着付け教室に通う

幼児はビシビシ叱って小さなうちに早めに鼻柱をへし折ってやらないとろくな人間に育たないという論者が多い気がするんですもしかして
幼児はビシビシ叱って小さなうちに早めに鼻柱をへし折ってやらないとろくな人間に育たないという論者が多い気がするんですもしかして

児童と上手くコミュニケーションをとるには

不登校や鬱を背負った子や発達障害の子たちでした。それまでに保護者が色々なところへ行かれても状況が良くならず、藁をもすがる思いで教室へ連れて来られたのです。小学五年生から中学二年生まで不登校だったK君とお姉ちゃんのRちゃんもその時は姉弟で学校へ行けてはいませんでした。また、高校生のHちゃんは精神科の大きなお薬の袋を離せず、学校へも行けず最初は顔も上げられませんでしたそして、発達障害のsちゃんは幼稚園から追い出されたような形で辿り着きました。私は色んな状況の子どもに対して、特別な指導はその子自身の発達には必要なことだと思いますが、特別な扱いをすることはその子どものためには良くないと思っています。

教育は始まる

ですからその子たちにも特別なことは何もした覚えはありません。逆に健常の子どもたちに対しての疑問が生じてきました。有り難いことにうちの教室の保護者は非常に良心的だったのですが、普通はそうではないはずです。世の中ではあの子がいると迷惑で自分たちの子に支障があって、我が子らとは関わらせたくないという親たちの了見もあると思いますけれども、そういう考えは健常の子たちにとってはむしろ問題があるのではと思い始めたのです。以前、お喋りが止まらなかったちゃんの様子がなかなか改善されずにいた時、私は同じ学習コースの他の生徒たちへ話をしました。

伸ばしておくと

たっぷり稼いでいる親はそれのどこが悪いと思うかも知れない。しかし、子どもの将来のことを考えた時、それで子どもにとって分相応の金銭感覚を養うことが出来るのだろうかと思ってしまう。誰も養ってくれなくなったとき、お金は無尽蔵に湧き出してくるものではないのだ。そのことをきちんと理解させなければならない。そうすることで、子どもに働く意義や、自分はどのようにして働きたいのかを積極的に考えさせることが出来るようになる。

幼児にはいろいろなことに挑戦してほしいと
幼児にはいろいろなことに挑戦してほしいと

幼児が弱いことを受け入れてほしいのですそして

お金がわいて出てくると思っている子どもは、自分の生活のために働くということを考えることは出来ないだろう。その結果、いつまでも夢を追いかけてフラフラしたり引きこもることになるのだ。お金はどのようにして手に入れるものなのかを、きちんと教育しなければならない。それも、単なる知識などではなく実体験として理解させなければならない。つまり、お金が欲しければ、それに見合う働きをするのだと言う思考回路を作らせるのだ。