子どもにたくさんありがとううれしいを伝えることじゃないかとがんばれ!

子どもをつくることになりますもし

泥団子作りに2時間夢中になりました。「魚を待ってる時も、釣りは動きが少ないのでムリと思ったのですが、センを考えて忙しいのさ」だそうです。だんなの粘り勝ちでした。ほっこリさん蘌強みを伸ばす遊びほっこりさんはお世話好き。自分もまだなのに人の着替えを手伝います。空想するのも大好きです。しゴムなどで、「1人2役劇場」をしていることもあります。

教育担当になったばかりの時


幼児にお手伝いをさせてみると

>子どものことも責めないでくださいこんな関わりをするとその良さがさらに発揮されます。そんなほっこりさんには、、ペットを飼うの相手になる動物好きな子が多いです。自分より小さい、世話できる、なつくなど、満たされ要素がいっぱいだからです。親子の会話が増えるのも嬉しいオマケです。小動物で十分です。めだかのように「どこ見てるんですかというものより、ハムスターやインコなどはいかがでしょう。


幼児は達成感と認められたうれしさを感じます

幼児や小学校低学年の幼児が

教育はいかにしてホメルかにつきるうちでは「すごいやん!」という言い方をよくしま前向きな行動とは、ちょっとでも進もうとしているということです。その気持ちを認め、しっかりほめれば子どもはさらに自ら進もうとします。その後、いい結果が出ればもちろん、たとえ思うような結果が出なかったとしても努力したプロセスをほめます。ほめる時に気をつけたいのは、親が設定したラインの「よかった」ではなく、ほめるラインをその子に合わせるということです。たとえば前回八0点だったテストが八五点だった時、親が100点を基準に「前から五点しか上がってないじゃない」「100点まであと一五点もあるじゃない」と言ってしまうと、次はむしろ七点ぐらいまで下がってしまうパターンが多く見られます。幼児の脳では不安が減ります点数が良くなっても認められないわけですからやる気をなくすのも当然です。110点がその子のラインなら、二五点でほめてあげればいいし、今までは答案用紙の半分しか埋められなかった子が、全部埋められたなら、それをほめてあげればいいのです。けれども、ほめて終わりではいけません。大事なのは「次はどうするか」です。「すごいやん!」「がんばったねー」としっかりほめた後で、「じゃあ次はどうしよう!?」と一緒に考えるのです。


子どもが家でリラックスできるよう

感情的になる感情的になると自分のイライラをぶつけているわけです。叱られる原因が子どもに伝わらないからです。ではなくになってしまいます。それがなぜ良くないのかといえば、以前はぼくも子どもたちを叱りながら、「なんで叱っているのか伝わってないな」と感じることがよくありました。理由が伝わっていなければ、叱られたことに納得もできないでしょう。ということは改善もなく、「なんか知らないけど叱られた」という悪い感情しか残りません。

子どもの歯並びが悪いのが

幼児の考え方を少しずつ認めるようにしてあげてほしいのですぼくたちは一発、ガンと叱った後に、「どうして叱ったのか」を冷静にゆっくりと話します。理由をしっかり伝えれば、子どもたちは納得し、その後の態度が変わります。叱られている原因が伝わっていない叱る理由が伝わらなければ、叱る意味がないどころか、害だけになります。子どもが萎縮したり叱った大人に恨みや怒りをもつだけだからです。たとえば門限を夜六時と決めているのに、三十分遅れて帰ってきたということはありがちな話です。