子どもに教えます

今の時期にステップを守って脳を育て

育てにくいと思われがちな部分を長所ととらえ直し
を我慢しなければならない時間は長こうやって一つひとつ、その子のありようを認めながら言葉を使って子どもの脳を刺激していくことが、脳作りのとても大切なポイントだと私は思うのです。何より大切な脳育ては「ありのままを認めてあげる」·あらゆる会話に「それでいいんだよ」のメッセージを子どもは自分がそのまま認められ、「心を司る脳」がしっかり育つと、自かをいつも大丈夫」と肯定的に思えます。これを自己肯定感と呼びます。実は他人を思いやるために最も必要な心です。これを持っているとどんなふうに育つのか、例を見てみましょう。Eちゃんは小学校5年生の女の子です。

育児をまったくしなかった人なんだなと思ってしまいますラクに謝る技術で
お母さんが買ってきてくれた新しい洋服を着ていったところ、お友達が「似合わない」「変なの」と言いました。帰ってきて泣きながらそのことを話したお母さんに、明日からそのお洋服はどうしようと思うの?」と聞かれて、しばらく考えました。「どうして変って言われたのかなあ。とりあえず明日からは別の服を着ていく」お母さんは、こうとだけ伝えました。「お母さんはお友達の考えとは違って、この服はあなたにとっても似合っていると思うよ」しばらく経ってEちゃんは、またその服を取り出して学校に着ていこうとしていました。

幼児が沢山集まると

すると親があれこれ言わな要です。「やりたい」と言ったものをやらせるのが一番です(「やめたい」を受け入れる度量も必けれどみんながみんな、やりたいことが決まっているわけではありません。それに人生、好き嫌いにかかわ宿題とか、がっちりさんにはやらねばならぬこともあります。習い事の練習とか。そんな時にもすることはたったひとつ、「決めさせる」、「自分で決めた」「決めた気にさせる」とうまくいきます。と思わせることです。悪女なヒビキですな。「気づかせ作戦」「選ばせ作戦」が力を発揮します。

教育は行われずに「気づかせ作戦」宿題をさせたいなら母「あ、お手紙書くの忘れてた。あなたも何か書く?子「あ、作文の宿題が出たんだ!r選ばせ作戦」ピアノの練習をさせたいなら母「どの曲が弾きたい?子「きらきらぼし!」これでサクサク進んでくれます。がっちりさんがしてほしいこと話は短く結論からお任せしてがっちりさんが苦手なこと-言い訳長話「ほめ」がっちりさん攻略格言「決めさせ、お任せできたらサラリに[タイプ別]怒らなくてすむしつけの処方せんれでいいのだ!かんしゃく対処法日課のように荒れる子もいれば、ためにためてドッカソする子もいます。対応次第で長引きもすればいつもより短時間で終わることも。ここでは後者を目指しましょう。ちゃっかりさん▼▼▼「だよね」はっきりキッパリものを言うちゃっかりさんは、とてもわかりやすい子です。

古くから行われてきた教育ですれらの

それでは子どもの創造性は育たない。単純な遊びでも、一緒になって子供の前で広がりを持たせてやるのだ。こんなこともしても良い、できるんだよと。その変化が子どもの好奇心と創造力を刺激するのだ。多くの子どもは関心を示し、そのことを楽しみだす。

教育しなければならないが

子どもが一人でしていても楽しめない遊びでも、親が一緒に楽しそうにやりだすと、子どもは親と一緒に何かをすること自体が楽しいのだから。だから、何か新しいことをさせてみたいのなら、親が楽しそうにしてみることだ。そうやって、いろいろな遊びを子どもに伝えていって欲しい。子どもを放置して好きなように遊ばせていても、なかなか遊びの幅は広がらない。どうしても、自分の知っている中で好きなことに偏ってしまうのだ。緒に遊んでいろいろな遊びを教えていって欲しい。

      伸ばす急いでいるときに限って回り道をしたいと言い出して聞かなかったり
      教育のいちばん困った点は
      子どもから見たってどうしてママはボクの言うことをわかってくれないのか?