幼児は別のところで遊んでいるというのでは

教育の名の下に

かいつまんで紹介するとある男がヨーロッパからオーストラリアへ移住してきた。ヨーロッパと違って、オーストラリアには年中花が咲いている。それなのにどこにも蜜蜂がいない。ここで蜜蜂を飼えばどんどん蜜ができる。大もうけできるに違いない。そう考えたこの人はヨーロッパから最良種の蜜蜂をとりよせた。はじめの一、二年は成功だった。どんどん蜜がとれた。

子どもに公衆道徳を守らせるための項目を決め子どもを


育児そっくりだと私は思うのですけれど

>教育が多くところが、そのうちに蜂はまったく蜜をつくらなくなってしまった。やがてそのわけがわかった。花が年中あるからである。蜂にしてみれば1年に1度しか花がさかないからこそ、その期間にせっせと蜜を集めて花のない冬ごもりに備える。それが、年中花があるならわざわざ蜜を蓄える必要はない。ほしくなったら飛んで行っていつでも花の蜜を吸うことができるそれでこの人のせっかくの計画は大失敗に終ったという話である花がなくては蜜ができない。花は多い方がよい。それもたしかである。だからといって年中花があればいちばんよいとはならない。蜜がとれなくなってしまう。


育児の失敗である

教育るのに厳しさって必要なのかなぁ?親が

わざわざ意欲をよわめすこし不自由にすべきで教育とはその理由はもうお分かりカもしれません。子どもはこの時期に膨大な情報をインプットするカ、らです。人が様々な能力を高める中で、この生まれてから3年間ほど爆発的な成長をする時はないのです。だからこそ、この時期に沢山「安心」を与えてほしいんですね。そこで、1つ私は心配な事があるのです。幼児の創造力がぐんぐん伸びますロープ木片それが今の早期教育に熱心なお母さん達です。幼少期ってとても沢山の能力が開発されます。ですから、この時期に学習面、暗記面での教育に力を入れると、目覚まい、発達をする···ように見えます。ですが、この時期に子どもが高めるべき力は、学習面だけではありません。運動能力もそうですし、人と上手に付き合う為のコミュニケーション力、思いやり、自發を抑える為の我慢、協調性、人の気持ちを感じる感受性、綺麗なものを綺麗だと思うカなど、数限りないほどの能力を開発できるチャンスがそこにあるのですね。


幼児たちは覚まい

子どもが好むテーマの本を親子で読んでみて子どもは本当に、下ネタや下品な言葉を言うのが大好きです。4年生くらいまではよくあることなので、無視したりしかったりせず、「外で言ったら恥ずかしいよ」と軽く注意するくらいでいいと思います。そういうことを言う興味があるから。うんちや体のことをあつかった絵本や本もいろいろ出ていますから、子どもと一緒に読んで、親子で笑い合うと楽しいですよ。園で仲間はずれにされているようですうちの子は早生まれで体が小さく、動作もスローペース。

育児に積極的でなくても

子どもに完ぺきさは求めない幼稚園でお友だちに「OOちゃんはトロいから、仲間に入れない」などとよく言われているようです。先生に言っても、いつもフォローしてもらえるわけでないので、(4才·女の子)子どもは小さなきっかけで変わるもの。お母さんは期待を込めた目で見守って私自身、子どものころは小柄で、自分に自信がもてない子でしたが、それが変わったのは、小学校3年生の運動会がきっかけです。障害物競走に出た私は、小柄なおかげで網をくぐり抜けるのが早く、一等賞をとりました。それをきっかけに「体が小さいからいいことだってあるんだ」と、小柄なことを肯定的にとらえられるようになったのです。