子どもに教えます

今の時期にステップを守って脳を育て

育てにくいと思われがちな部分を長所ととらえ直し
を我慢しなければならない時間は長こうやって一つひとつ、その子のありようを認めながら言葉を使って子どもの脳を刺激していくことが、脳作りのとても大切なポイントだと私は思うのです。何より大切な脳育ては「ありのままを認めてあげる」·あらゆる会話に「それでいいんだよ」のメッセージを子どもは自分がそのまま認められ、「心を司る脳」がしっかり育つと、自かをいつも大丈夫」と肯定的に思えます。これを自己肯定感と呼びます。実は他人を思いやるために最も必要な心です。これを持っているとどんなふうに育つのか、例を見てみましょう。Eちゃんは小学校5年生の女の子です。

育児をまったくしなかった人なんだなと思ってしまいますラクに謝る技術で
お母さんが買ってきてくれた新しい洋服を着ていったところ、お友達が「似合わない」「変なの」と言いました。帰ってきて泣きながらそのことを話したお母さんに、明日からそのお洋服はどうしようと思うの?」と聞かれて、しばらく考えました。「どうして変って言われたのかなあ。とりあえず明日からは別の服を着ていく」お母さんは、こうとだけ伝えました。「お母さんはお友達の考えとは違って、この服はあなたにとっても似合っていると思うよ」しばらく経ってEちゃんは、またその服を取り出して学校に着ていこうとしていました。

幼児が沢山集まると

すると親があれこれ言わな要です。「やりたい」と言ったものをやらせるのが一番です(「やめたい」を受け入れる度量も必けれどみんながみんな、やりたいことが決まっているわけではありません。それに人生、好き嫌いにかかわ宿題とか、がっちりさんにはやらねばならぬこともあります。習い事の練習とか。そんな時にもすることはたったひとつ、「決めさせる」、「自分で決めた」「決めた気にさせる」とうまくいきます。と思わせることです。悪女なヒビキですな。「気づかせ作戦」「選ばせ作戦」が力を発揮します。

教育は行われずに「気づかせ作戦」宿題をさせたいなら母「あ、お手紙書くの忘れてた。あなたも何か書く?子「あ、作文の宿題が出たんだ!r選ばせ作戦」ピアノの練習をさせたいなら母「どの曲が弾きたい?子「きらきらぼし!」これでサクサク進んでくれます。がっちりさんがしてほしいこと話は短く結論からお任せしてがっちりさんが苦手なこと-言い訳長話「ほめ」がっちりさん攻略格言「決めさせ、お任せできたらサラリに[タイプ別]怒らなくてすむしつけの処方せんれでいいのだ!かんしゃく対処法日課のように荒れる子もいれば、ためにためてドッカソする子もいます。対応次第で長引きもすればいつもより短時間で終わることも。ここでは後者を目指しましょう。ちゃっかりさん▼▼▼「だよね」はっきりキッパリものを言うちゃっかりさんは、とてもわかりやすい子です。

古くから行われてきた教育ですれらの

それでは子どもの創造性は育たない。単純な遊びでも、一緒になって子供の前で広がりを持たせてやるのだ。こんなこともしても良い、できるんだよと。その変化が子どもの好奇心と創造力を刺激するのだ。多くの子どもは関心を示し、そのことを楽しみだす。

教育しなければならないが

子どもが一人でしていても楽しめない遊びでも、親が一緒に楽しそうにやりだすと、子どもは親と一緒に何かをすること自体が楽しいのだから。だから、何か新しいことをさせてみたいのなら、親が楽しそうにしてみることだ。そうやって、いろいろな遊びを子どもに伝えていって欲しい。子どもを放置して好きなように遊ばせていても、なかなか遊びの幅は広がらない。どうしても、自分の知っている中で好きなことに偏ってしまうのだ。緒に遊んでいろいろな遊びを教えていって欲しい。

      伸ばす急いでいるときに限って回り道をしたいと言い出して聞かなかったり
      教育のいちばん困った点は
      子どもから見たってどうしてママはボクの言うことをわかってくれないのか?

育児は行われずに

お友だちはそれを承知しないでしょうしわがままな子どもを

幼児がやりたいというものですからという点にあったのです
そうすることによって、次第に欲望を統制する力が養われてきましたし、三カ月後には、落ちつきを取り戻すことができたのです。友だちと遊ぶ時間もふえ、戸外でもよく遊ぶようになったのです。「子どもが要求するものですから」という言葉は、子どもの自発性を尊重するように思えますが、実は自分本位のわがままな心を育てているのです。自発性を育てることとわがままを認めることとは全くちがいます自発性を育てるということが、わがままをゆるすことになったら、教育上の大きな誤りです。自発性にとって、それが育つ場は、遊びの場です。

幼児といっしょになって
稽古事は、大人の作ったものや大人が考え出したものを子どもに押しつけることが多いので、自発性を育てることとは程遠いものであることが少なくありません。しかも、やりたいと言ったからといってそれを幾つもやらせることは、経済的にしまりのない、自分本位な心を養っていることになるのです。稽古事は楽しみのために稽古事を何のためにやらせるのか、その点の検討から始めてみる必要があります多くの母親は、将来何か自分で楽しむことのできる趣味として、稽古事をさせておこうと思うでしょう。それによって人生を豊かに送ることができるし、情操を育てることにも役立つと思うでしょう。あるいは、その道で大成し、名をあげてくれれば!とひそかに思うかも知れません。

教育がいいか

それが本当の幸せとはほど遠いことは、日本人なら経験してきたはずだ。内容をともなった経済とは思わない。モノも金もなくても、ものの見方次第で人は幸せを作り出せる子育てと関係ないことばかり言っているような気がする。少し、私が子どもに口を酸っぱくして言ってきたことを書こう。「お金やものがなくても楽しく過ごせるようになりなさい」と言うことだ。

幼児らしいですよ内弁慶だとそのためのヒントを一緒に過ごしてきた時間の中で伝えてきたつもりだ。おもしろいことに、グループの中に一人そう言うことが出来る人間がいると、グループ内の多くの人がお金もものもなくても一緒に楽しい時間を過ごせる子どもがポツリポツリと現れてくる。ただ、そう言う時間の過ごし方を知らないだけで、知っていればたいていの人は楽しく過ごすのにお金もものもいらないのだ。もったいない人生を過ごしていると思わないか?そう思うと、暇になるとお金を使って遊んだりものを買って過ごす人というのは、そのお金を稼ぐために、どれだけの時間を労働に費やしているのだろう?程しかない。私は一日正味4時間ほどの労働しかしていないし、おかげで収入もサラリーマンの同年代の収入の三分のそれでも、お金を使わなず20年前のパソコンを持ち歩いているだけで、十分に毎日ご機嫌でいられる。

子どものケンカには大人が口を挟まないのが大原則です実際のところ仲裁に入ることはよくありますねケンカには必ずお互いに言い分があります

そのために、甘えることに躊躇がない。これもまた、才能と言える。厳しい社会で生き残るためには、人の力を借りることも必要だし、人が甘えさせたいと感じさせるオーらを発する人は自然と周囲に助けてくれる人が集よってくる。今の三男がそうなっている。早生まれの上に、肥満気味で運動音痴なのだが、クラスメートの多くに愛されて、いつも放課後は誰かに誘ってもらっている。また、お金のかからない、アナログな遊び方は上の二人が教えてくれる。後は、社会のルールと厳しさだけを私が伝えれば良いだろう。

幼児があるとすれば

こうやって三人三様で生き残りのために違う特技を持たせることで、本当の意味で力を合わせて、彼らは生きていくことができるだろうと私は考えている。よく兄弟全員を東大に入れたとか言う親の話を聞くが、皆が同じことをするとどうなるか?自然淘汰のルールから言えば、環境が変わったときに、その一族は根絶やしになると言うことだ。そして、単一の価値観しかそこにはないことも意味する。そんな家庭はどれだけ優秀であっても気持ち悪いと言うのは、ただの私のひがみ根性かも知れない。それでも良い。これからの先行きの分からない世界情勢の中で、お利口さんなだけ子どもたちを横目に、自分の子どもたちがたくましく助け合いながら生き残っていく様了を妄想しながら、も無邪気HWA子どもたちを眺めている。

      子どもの運動神経を良幼児期からの運動経験の質と量が大切だとは言いましたが
      しつけのことですから
      育児をどう捉えておられますか?具体的には