子育てという初めての作業の中で

しつけをしてしまっているということになるのです

これらはすべて、人との関わりの中で培われます。1人ごはんじゃこんなこと、どうあがいても起こりや「1人で食べている子はすぐわかる。自分の準備ができると、周りを待たずに食べ始めるから」とは保育士仲間の談です。何はともあれ、1日1度は「みんなでごはん」。じっくりさんの対人能力は、ごはん時に上げましょう。

子どもに変えなければ


子どもの思い通りにならないことがあったとき

>教育の悲劇はここに始まるテストで完全に全部できるなどというのは人間業ではないがっちりさん···「聞き返し」同じく、がっちりさんのごはん時もコミュニケーション力アップに活かせます。がっちりさんの言葉はぶつ切りです。「じゃま悪気はないです。まどろっこしいんです。相手からも短くスパッと言ってほしいから、自分もそうするだけです。スカートより短パン!コース料理よりどんぶり飯!って感じです。こんなことを言うがっちりさんがいました。


教育ママということばがある本当に

子どもでもこれくらいなら突っ込めます

幼児にとっても魅力的な場所ですそうなったら電球を取り替えるしかないね。子:そんなに熱いのに、電球が燃えないなんて不思議だな。父:電球には、そのフィラメントが燃えてしまわないように特別なガスが入っているんだよ。子:蛍光灯も電球と同じ仕組みで光るの?父:蛍光灯の中にもフィラメントがあるけど、ちょっとだけ仕組みが違うんだよ。蛍光灯の中には両側にフィラメントがあって、その間に電気が流れるんだ。しつけ水準が高くなった子:ということは、蛍光灯の中には電気が流れる線が通ってるの?父:発想はいいけど、ちょっとだけ違うかな。管の中は空っぽの状態だよ。電子というものが管の中に飛び出して、これが水銀電子と呼ばれるものとぶつかり、紫外線を出すんだ。この紫外線が管の内部に塗ってある、いわれる特別な白いペンキに当たると光を発するんだ。父:今は電球の仕組みを知ってるだけでもすごいと思うよ。もう少し大きくなってから、また蛍光灯の話をしてあげるから大丈夫だよ。


幼児ながら急にいろいろなストレスを感じるようになるでしょうでも

そうすれば、「約束破ったでしょ!」と叱ることは少なくなります。「死ななきゃいいか」で息子を見てみる◆生きてるのが奇跡な危ないことばかりする息子さんは激しいですか?なぜだかよくこけませんか、性格や行動が荒っぽいですか?もちろん全員がそうではないと思いますが、そんな息子たちも多いでしょう。心配ですよね。息子は?何もない平坦なところでも、また家の中でも。すぐにこけます。集中していないというか、ぼーっとしているというか。そのたびにどこかしらケガしています。

子どもときちんと話をして小学校生活をイメージさせた上で

子どもたちにであることを過度に求め小さい頃はあんなに泣いていたのに、少しのケガでは泣かなくなりました。まったくおかまいなしです。鼻水と鼻血の区別がついていません。ケガ自体に気がついていないことがあります。すりむきや切り傷など、血がにじんでいたり出ていても、幸せな生き物です。鈍感というか麻痺しているというか、少々のことでは痛さを感じなくなっています。