大事なことは子供を

学校はもっと役に立つ教育をやれと宣告した

子どもの心が伝わって来なかったでしょう
もしかしたら「みんな仲良く」と子どもさんに言われているかもしれません。ところがこの「みんな仲良く」がイジメの温床になっているってご存知でしたか?人は誰でもそうですが、知らない人、初めて会う人がいると、その人がどんな人だろう?と知りたくなります。それは子ども達も全く同じで、幼稚園·小学校ではまた、私たちは良くも悪くも哺乳類で、強い者が弱い者を従わせたいという欲求もあります。少げつけく11合って、その人となりを探っていきます子どもが沢山集まると、遊びの中や触れ合いの中で、上に立ちたがる子が必ず出てきます。命令したり、いじわるしたり、ちょっとのはずみで昍いたり、と言う事は日常的に起きてくるのですね。

子育ての中に
そこにはもちろん理不尽な事もあります。それをされた子が「そんな事したくない、されたくない、と思っても「みんな仲良く」と言われて育った子は、その言いつけを守り、言い返したり、やり返したりしないのですね。本当は悔しかったり、従うのが嫌でも、我慢しようとするのです。その我慢している姿は、意地悪をする子にとってはとても面白いんです。自分の言いなりになる子。昍いてもやり返さない子には「もっとこんな風にしたらどうだろう?」こうしたら?」のように、どんどんエスカレートするんですね。これがイジメの始まりです。

育てるって難しいですね

例えば、赤ちゃんは母親に放置されるとまず淋しいと判断しますが、それは本能の判断基準によるのです。その淋しいという本能の判断が泣く本能を刺激して赤ちゃんは泣きます。そしてさらに放置するとやがて、悲しいとか恐怖だと本能によって判断され、それらの感情が怒りの本能を刺激して、ついに怒りの本能が湧いてくるのです。そして先程DVのところで述べたように(第六話)、大人になるまで、その時の憎しみが無意識の記憶に残るのです。「これが憎しみだよ」などと母親が教えなくても、放置すれば、本能が憎しみを赤ちゃんに教えるのです歩くのも本能です。

しつけをしなくてはいけない子どもが納得したフリースクールつかまり立ちをしたり、転ぶ失敗によって歩く運動プログラム(これも本能)れて、だれに教えられなくてもわれわれは歩いたのです。転ぶ失敗もよい刺激になるのです。このように、育児とは、そのほとんどが、本能を刺激することであって、直接あれこれと教えることではないようです。生きるために必要な膨大なことを全部教えることはできないはずです。私たちもかつて、知らず知らずのうちに体験によって本能を刺激して育った部分が多いのです。

子どもが中学生になってからは

そんなときこそ、き……親と子の関係であったとしてもそのときに、るチャンスなのです。子どもに対してちゃんと目を見て「ごめんなさい」を言えばいいのです。子どもに勇気を教え「いいよ」「かっこいいな」「ごめんなさい」と言える寛容性ももれなくついてきます。と思ってもらえます。尊敬されます。ちゃんと謝れる親は、子ども心に「すごいな」バカにされるどころか威厳が増します。親が未熟であり、子どもにたくさん「ごめんなさい」を言うチャンスがあると、良いことがたくさんあるわけです。

お友だちのお宅に迷惑をかけていることです子どもには

「ありがとう」「ありがとう」をたくさん言えば世界一しあわせな男になれるもうひとつ、私の好きな言葉を紹介します。アメリカのネイティブ·アメリカンの言葉です。朝起きたら、太陽の光と、おまえの力とに、感謝することだ。どうして感謝するのか、その理由がわからないとしたら、それはおまえ自身の中に、罪がとぐろを巻いている証拠だ。(ショーニー族の首長、テクムセ※『インディアンの言葉』(ミシェル·ピクマル編、中沢新一訳紀伊國屋書店)より感謝する力はしあわせを感じる力に直結します自分にはしあわせが足りないと思うなら、足りないのはきっと、しあわせではなくて感謝する力ではないでしょうか。

      コミュニケーションなければならないという責任の両方を同時に果たそうとするから無理が生じるのです
      育てで言うと
      教育をやめようという提案を!